iPhone 12 mini グリーン 開封の儀

Apple

皆様こんにちは、いかがお過ごしでしょうか。

待ちに待ったiPhone 12 miniが僕の手元にも届きましたので、今回は開封していきます。

ある意味で今年の本命とも言われている機種ですが、どうなのかすごくワクワクします。今回は写真多めで開封のシーンを書いていきます。

購入したモデル

こちらのブログでは特にお伝えしていませんでしたが、今回ぼくはiPhone 12 mini グリーンの256GBモデルを購入しておりました。一番心配だった予約合戦も案外余裕で、無事に発売日にゲットできました。

色ですごく悩んでいたのですが、iPhone 12の展示を見たときに思いのほかグリーンが良いと思ったので、思い切ってグリーンにしてみました。あまり濃い感じのグリーンではないので、どんなケースとも合わせやすそうな感じがしますね。

さっそく開封!まずは外箱から

では開封していきましょう!

いつも通りの箱に入ってきました。今回もヤマトのお兄さんが持ってきてくれたんですが、発売日に同じような箱が何個もあると思うので、何を買ったかばれていると思います(笑)

こちらがiPhone 12 miniの箱です。今までのiPhoneの箱と比べると、薄さも相まってすごく小さい箱です。

グリーンなのでキャベツみたいな壁紙が描かれています。

箱の側面にはAppleロゴとiPhoneのロゴが書かれています。ここも本体色に合わせてグリーンになっています。

箱の裏側にはシリアル番号やIMEI番号が記載されています。

本体とご対面!

ぺりぺりを剥がします。

きましたー!

写真では伝わりきりませんが、ものすごく小さいです!iPhone 5sとかの時代を思い出すようなコンパクトさです。

あとグリーンの色味も素晴らしいです。

画面のフィルムを剥がす前にじっくりと本体を見ていきましょう。

カメラ周りの仕上げはiPhone 11シリーズとほとんど変わらない感じで、カメラの周りだけマットな仕上げになっています。

サイドのフレームはアルミニウムに酸化皮膜処理が施されたもので、背面はカメラ部分以外がつや出しのガラスになっています。背面はセラミックシールドのガラスではないのが少し残念です。

背面のガラスの感じもいいですが、グリーンに関してはアルミ部分の発色がすごく綺麗です。

本体デザイン

本体側面を詳しく見ていきましょう。正面から見て右側には電源ボタンがあります。iPhone 12 Proと同じでSIMトレーが反対側に移動したので、電源ボタンのみになっています。

左側はミュート切り替えスイッチと音量ボタンがあります。本体自体は小さくなっていますが、ボタン類は小さくなっていないみたいです。昔の機種みたいにボタンが押しにくいということはなさそうですね。

本体の底面は左から順にスピーカー、Lightningポート、気圧調整用の穴が空いてます。12 Proと比べると穴の数がそれぞれ一つ減っています。

本体上部にはアンテナライン以外は何もありません。

画面は12 Proと同じような白いぺりぺりが貼ってあります。今回も保護ガラスを貼るつもりなので、ガラスを貼る直前までは剥がせません…

ガラスを張ったあとですが、本体の正面です。画面がついていないときの統一感がかっこいいですよね。

あと個人的な話ですが、画面側のブラックと本体側面のグリーンが色的にマッチしそうだなと思ったのも、グリーンを選んだ理由です。

手に持ったときのサイズ感はこんな感じ。

電源を入れていない状態ですが、コンパクトであることが良くわかります。

付属品

付属品はiPhoneの下に入っているLightning to USB-Cケーブルのみです。(ケチくさ)

Designed by Apple in Californiaの中には一つに減ったリンゴシールとSIMピン、いろいろ書いてある紙が入っています。

簡単な説明書的なやつは省かれてしまいました。その代わりに本体の画面に貼ってあるフィルムにボタンの役割が描かれているのだと思います。

電源オン!&セットアップ

早速電源を入れました!

本体は小さいですが、画面はギリギリまで攻めているので意外と窮屈には感じません。このサイズ感はなんか新鮮ですね。

写真はとっていませんが、いつも通りWi-Fiを設定してアクティベーションしようとすると、なぜかネットワークに繋がらなくてしばらくアクティベーションできませんでした。なんか最近自宅のネットワーク環境がおかしいです…。結局IPアドレスを手動で設定するとつながりました。

今回はiCloudバックアップから復元しようと思ったのですが、これもなぜかエラーでできなかったので、久しぶりにMacと接続して復元を行いました。

数日使ってみた感想

とりあえずこのサイズ最高という一言に尽きます。

僕は片手で操作することが多いのですが、12 miniだと片手のQWER配列でもかなり快適にタイピングできます。僕の中ではこのタイピングの快適さが一番大きいです。右手で持っていてもAとかQに伸ばすことなく届くのがいいです。

また、本体重量も非常に軽いです。12 Proだとずっと片手だと疲れますが、12 miniでは疲れることはなさそうです。よくこの小さくて軽いボディにこの性能を詰め込んだなと思います。Appleのエンジニアさんに感謝です。

また、12 Proと比べると画面サイズが6.1インチ ー> 5.4インチと下がっているわけですが、意外にも窮屈には感じません。

以前までの機種とは違って画面の端までかなり攻めているのが要因ではないでしょうか。

動画コンテンツもあまり窮屈には感じません。YouTubeの全画面表示と標準表示をしてみた画像ですが、ふつうに標準表示でも小さくて見辛いとは感じません。

購入を検討されている方が一番懸念しているのはバッテリーの持ちだと思うのですが、結論からいうとバッテリーの持ちは良くはないです。ただそれは12 Proと比べたらの話であって、確実にiPhone SE 第2世代よりはバッテリー持ちは良いですし、1日は普通に使えます。

あまりいい参考例ではないと思いますが、実際の減り具合はこんな感じです。決して緩やかな減りだとは思いませんが、1日中ずっと使っているという状況でなければ問題ない程度の減りだと思います。

現状で一つ気に食わない点があるとすれば、ロック画面時のタッチの反応の悪さでしょうか。ネット上ではすでにかなり話題になっていますよね。

ケースとガラスフィルムでバッチリ保護している僕の12 miniも例に漏れず、やっぱり反応が悪いです。特にパスワード入力の際には反応しないことが多くてイライラします。ソフトウェアアップデートで治るならいいのですが、ハードウェア的な問題だと大変なことになりそうですね…。これは今後のminiシリーズの存続に関わってくるかもしれません。

いちおう対処法としてケースをつけずに使用するか、ケースと本体の間にアルミ箔をはさむという方法があるらしいです…。アルミ箔は透明ケース派なのでちょっとアレですし、ケースをつけずに使うというものなかなか勇気が必要です。

まとめ

ということでiPhone 12 mini グリーンの開封と数日使ってみた感想を書いてみました。

初めは12 miniを買ってもiPhone 12 Proをメイン機として使う予定でしたが、正直かなり揺らいでいます。やっぱりスマホは手に合うサイズ感が大事なんだなと再認識しました。もし1機種しか購入できないのであれば、僕はiPhone 12 miniを購入していると思います。いやぁ〜悩ましい…

是非とも悩んでいる方は家電量販店やApple Storeに行ってサイズ感を確かめてみた方がいいと思います。

それでは今回も最後までみていただきありがとうございました!

コメント